2014年度振り返り

2015-03-31


2014年度が今日で終わります。
この一年色々と成長することの出来たとても意義のある一年でした。
丁度一年前の3月31日、私は東京を離れ熊本に戻って参りました。

高校から寮生活で県外に行き10年ぶりになる熊本での生活の始まりでした。
まずは熊本で生活をしてみよう。
そう考え、熊本に戻ってきた私はまず家の掃除から始めました。
中学校、高校、予備校から大学、社会人まで
知り合いがほとんどいない環境を選んできた私にとっての原点に戻りました。

ゆっくりと始めた新生活。
前と変わらないと思っていたものは少しずつ異なっていました。
家は古くなっており、近くの江津湖は少し荒れていました。
昔あったものはなくなり、昔なかったものがありました。
当たり前のことですが、熊本は変化していました。

10年経てば、世の中は変わる。
改めて強くそう感じました。

だからこそ、10年後熊本はどう変わるか真剣に考えなければならないと思います。
10年後私は36才になります。
おそらく我々世代は子育てに奮闘しているでしょう。

その時に、
「熊本がもっとこうなっていれば良かった」
と後悔してもどうしようもありません。
「熊本めっちゃ子育てしやすい!若い頃しっかり考えていて良かった!」
子ども達に胸張って自慢できるように今頑張りたいと思います。

簡単なことではないけど、皆で取り組めば楽しく変えていけると信じます。

若すぎるとお考えの方も多くおられます。
私の未熟さは日々痛感しており仰る通りだと思います。
でも、自分たちの為、子ども達の為に今頑張りたいです!

 

本日約30名の方の前でお話しする機会を頂戴しました。
その際にも、
「子どもを育てていくにはどうしても多くの困難がある。どうにかしてもらいたい」
と言う意見を頂きました。

私は子育て支援と教育についてしっかりと取り組みます。
私は多くの大人の力で楽しく育つことが出来ました。
本当に感謝しています。今度は私の番です。
それ以上に楽しく健やかな環境を作り上げたいと強く感じています。

本日は3月の最終日でもあります。
3月絡みで、『3月のライオン』という私の大好きな漫画があります。

内容は是非読んでほしいので割愛します。

さて、物語の中でいじめが発生します。
いじめの主犯格と面談を終えた先生がこう言います。

「教育」か・・・
「教えるに」に「育てる」か・・・
「育」の字が無けりゃとっくに放り出してるぜ こんな事・・・

教え育てることの大変さを物語る非常に印象深いシーンでした。
決して簡単なことではありませんが、諦めずに取り組まなければならない重要なことです。

皆様と一緒に教え育てる教育のあり方を模索していきたいです。

明日から4月しっかり頑張っていきます。

熊本市議会議員選挙
中央区候補予定者
東家範政

Top