くまモンの誕生日だったモン。

2015-03-13


3月12日は熊本の知名度を全国的に上げた
熊本県しあわせ部長であり、
ゆるキャラ界で梨の妖精と双璧をなす
くまモンの誕生日でした。

くまモン、おめでとう!!!
熊本では15日までくまモン誕生祭が開かれます。
皆様どうぞ熊本まで足を運んで下さいませ。

 

もう1つ、15日まで熊本で開催される
「熊本アート百貨店」おすすめです!!10915019_585088948258293_5575090107673832791_o

私は昨日観に行ったのですが、とても良かったです。
県立美術館分館で開かれている展示会で入場無料です。

展示されているもの全てが良い感じで、
本格的な絵画から、身近にあるようなアート
立派な彫刻や、プロジェクションマッピング
一風変わったマンションや、見事な鉛筆画など
挙げだしたらキリがないぐらい沢山のジャンルがあります。
センスで満たされたセンスフルな空気です。

1つ1つ丁寧に見て、とてもリラックスしている自分に気が付きました。
あぁ自分はちょっと疲れていたんだ、と気づきました。
作品と向き合うだけでリフレッシュするという貴重な経験をしました。

その後、展示会場内で主催者の方とお話しする機会を頂きました。
『熊本アート百貨店を催した理由、目指すもの。』
『これからの熊本について』など、意見を交わすことが出来ました。

私は熊本で若者に挑戦できる場を用意したい。
チャレンジできるまちにしたい、という思いがあります。
これはとうやの18チャレンジの8番目でも述べている通りです。

音楽やスポーツ、歌やダンス、絵画など新しいことに挑戦する時
いかに、自分もやってみたい、俺でも出来そう。
そう感じさせ、ハードルを低くするか。

挑戦できる場、新しい世界に触れる機会をどう増やすかを考え実践する。
その結果、その分野の入り口が広がりカルチャーは活性化し、楽しいまちになるはずだ。

私はこういう思いで、このチャレンジを掲げました。

 

主催者の方は、同じ思いで既に動かれていました。

「今回は1回目だけど、これを続けて作家さん達と企業や画廊と繋げていき
 アートの世界でちゃんと食っていけるような体制を作っていきたい。
 熊本でアーティストが少なかったらこうは思わない。
 沢山のアーティストがいるからそれを応援し、活性化していきたい。」

そう、述べておられる姿に共感を得ました。
私も微力ながらそういう人たちを支えていきたい。
熊本おもしろいね!そう言われるまちづくりを目指していきたいと再確認しました。

 

ちなみに、私は小学生のとき絵画教室に通っていました。
絵が上手ではなかったけど、とても楽しかったです。
その影響で高校は途中から美術部でした。

昨日、九州学院にお伺いした際に、
当時の先生たちに囲まれながら、
「サッカー部で下手だったけど、とても楽しかったです。」
と伝えました。すると、ある先生が

「それでいいんだよ!それが1番だよ!」

と大きな声で言われました。それがとても胸に響きました。
私は、運動神経が無く、一時コンプレックスでもありました。
下手な奴が好きなのは駄目だ、と心のどこかで思っていたのかもしれません。

上手い下手関係なく、本人が好きなことを楽しんですることが一番。

私も今はそう言えます。
そして、皆が声を大きくしてそう言える世の中を実現したいと思います。

熊本市議会議員選挙
中央区立候補予定者
東家範政

Top